基礎化粧品を色々活用で50代も明るくする|メイクアップの最新情報

女性

皮脂が詰まる

美女

体に炎症やできものができてしまうとどうしても気になってしまいます。それが背中だと見えない分余計にどう見えているか気になるのです。その代表格として背中ニキビがあります。背中ニキビがあるとせっかくスタイルの良い人で背中のあいたドレスを着用したとしても欠点が生じてしまうのです。見えない部分だからこそ手をかけて対策をしたいものですが、顔と違って背中はどのように対策をすれば良いのか分からなくなってしまうのです。実は背中は顔ニキビのように一つの原因があってそれを対策すれば解決するというものではないからです。ニキビはアクネ菌が増殖することで増えていくものですが、背中ニキビは肌の乾燥や男性ホルモンが関係してきます。

背中ニキビがどのように発生するかを考えれば、背中ニキビを予防し、減らすことができます。まず第一は背中ニキビは肌の乾燥によって引き起こされるといった特徴を知っていると良いでしょう。これは顔ニキビでも同じですが、乾燥すると体は皮脂を分泌して肌を乾燥から守ろうとします。そのため余計に背中ニキビの温床となる皮脂の分泌が多くなってしまうのです。そして背中ニキビの最大の特徴として毛穴に皮脂が閉じ込められたままになる現象が起こります。それを防ぐためには毛穴の縮小や角栓をできるだけなくすようにしなければなりません。乾燥してしまうと毛穴は通常ひらくのですが、背中は男性ホルモンの影響で引き締まってしまいます。そのためケアが十分でないと皮脂が排出されないので、ビタミンCやストレスのない生活を心がける必要があるのです。

Copyright© 2016 基礎化粧品を色々活用で50代も明るくする|メイクアップの最新情報 All Rights Reserved.